Picasa を Windows Server 2008にインストール

Picasa を Windows Server 2008にインストールするときに

「アプリケーションをインストール、および更新する権限がありません」

と表示されて、インストールできないときの対処方法です。

1.Administrator 権限のユーザーでログインしてから、スタート > 管理ツール > サーバーマネージャ をクリックします。

2.左のリストから「機能」を選択し、「機能の追加」リンクをクリックします。

3.機能の選択にて、「デスクトップエクスペリエンス」にチェックをしてから「インストール」をクリックします。

4.インストール完了後、再起動します。

ちなみに、「デスクトップエクスペリエンス」がインストールされていないと、Windows Media Player または DirectX を必要とするプログラムも動作しないとのことです。

Google chromeでSSL接続エラー

cerr-01

先日お客様からの相談案件で、Google chromeでSSL接続エラーになりページが表示されなくなってしまったとの相談で詳しい事情をお聞きすると、昨日までは普通に表示できていたのが、停電があってからおかしくなったとのことでした。

早速Googleで調べると、セキュリティソフトが原因で設定を変えれば改善されるとの事例があったのですが、今回はそれにはどうもあてはまらない。

再度、お客様に問題になっている画面をいくつか写メールして頂いたところ、気になる表記が・・・

cerr-02

どうやら、パソコン本体の日付と時刻がリセットされたため、セキュリティの証明書の期限がおかしくなってしまったようでした。

日付と時刻を修正してもらったところ問題解決しました。

熱には、ご注意

PCの再起動が頻繁にかかるトラブル事例紹介です。
早速ケースを開け、中のホコリを掃除してから、マザーボードをチェックしていたら、コンデンサ液漏れしていました。
今回は、マーザーボードの修理ということで、業者に依頼しました。

more

PCが動作不安定になり、再起動を繰り返すなどの症状が出るときの原因は色々ありますが、意外とPCの内部の温度上昇が要因だったりします。

PC本体の空気の取込口や排気口などのホコリや、ケース内部のホコリを掃除したりすると改善される場合もありますので、夏本番に向けて点検してみてはいかがでしょう。

固定IPのススメ

一宮の顧客先より電話が入り、ネットもLANも繋がらなくなってしまったとのこと。

急遽、午後から現場に向かい調べた結果、ルーター直下のハブのケーブルが接触不良を起こしていたようで、ケーブルを差し直したら復旧しました。

トラブル発生時、PCがルーターからの自動IPアドレスの払い出しを受ける設定で、IPアドレスがデタラメな値になっていたため、ネットワークプリンタへの出力もできなかったようです。

早速、全てのPCに固定IPアドレスを割り当てました。

インターネットはともかく、最悪社内LANだけでも繋がるように管理しておかないと、まずいですね。

一瞬ドキッ!

お客さんの会社のPCをセッティング中に再起動かけたら

NTLDR is missing エラーがでてWindowsが起動しなくなりました。

やっちまったか~と思い、ケースの蓋を開けると2個のディスク(SATA/IDE)。

手始めにケーブルを繋ぎ直したりしてもダメ。

いよいよ、本格的にハードディスクを外してチェックしようかと思い

SATAの方のHDDのケーブルを外して、起動すると同じエラー。

次にIDEの方のHDDのケーブルを外して、起動すると正常に起動。

BIOSで起動ディスクの設定が狂ったようで、設定し直したら通常起動しました。

やはり、慌てずに手順をおってチェックしないとダメだなぁと改めて思いました。

数字が入力できない

お客様の問合せで、「数字が入力できない!」っていうのがたまにあります。
デスクトップPCにありがちで、原因としてテンキーの上にある「NumLock」の解除の場合が意外と多いです。
数字入力しているときに誤って「NumLock」キーを触ってしまい、解除してしまうパターンが多いと思われます。
キーボードのNumLockのランプが消えていたら、数字入力ではなくカーソル移動などの機能に動作が変わりますので、ご注意を。

Outlookの件名が消えた

相談事例 Outlookの件名が消えてしまった。
対処方法 (Outlook2000)
①メニューの表示→現在のビュー→現在のビューの編集 をクリック。
②ビューの設定で、フィールドボタンをクリック。
③表示可能なフィールドから「件名」を選択し、追加ボタンをクリック。
④表示するフィールドと順序に追加されたのを確認。
※表示順位を変えたいときは、上へ移動・下へ移動ボタンで調整。

謎のリムーバブル

パソコンを朝起動したら、内臓HDの第2パーティションのdドライブが、なぜかeドライブに変わってしまったという、あるトラブル事例での話です。
パソコンに外付けUSBハードディスクが接続されていたので、取り外してから再起動。
しかし、eドライブのまま変わらず、dドライブにリムーバブルディスクの表示が。
PCに接続されているリムーバブルディスクは他に見当たらず、とりあえずディスクの管理でdをqに、eをdへドライブレターを変更しました。
確認のため、再起動すると、またまたdドライブにリムーバブルディスクが復活しています!

外付けHDは外してあるし、USBメモリもささっていないし、他につながっているのは複合プリンタくらいか・・・・
と何気にプリンタを眺めていて、ハッと気づきました。

そう、犯人は複合プリンタのメモリカード用スロットルでした。

プリンタ電源OFFにしておいてから、PC再起動後、プリンタ電源ONで元の状態に戻りました。

アドレス帳が開けない

■トラブル事例:
oeのアドレス帳がエラーのため開かない。メールの送信もできない。
メールの受信はできるが、クリックしてもメールが開けない(プレビューは可能)

■対処:
最初にchkdskでディスクのチェックをしたが異常なし。
次にアドレス帳のファイルの書込属性のチェックをしたが異常なし。
outlookの初期設定をしてから立ち上げたが改善せず。
アドレス帳のプログラムの不具合かと思い、別アカウントにてログイン後、開くと正常にアドレス帳が開けた。
アドレス帳のファイルが破損しているのではと思い、たまたま残っていたバックアップファイルにて上書きしたら、上記トラブル現象が全て解決しました。

IE専用サイト対策のFireFoxアドオン

自分が所属している愛知中小企業家同友会には会員専用サイトがあるのですが、IEでは表示できて、FireFoxなど他のブラウザではレイアウトが崩れたり、ポップアップのが表示できないなど、ASP.NETの一部機能が使えない問題があります。

そこでFireFoxユーザーにお勧めのアドオンが、IE Tabです。
詳しくはこちらのサイトでも紹介されいるのですが

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/abc/seeker/070516_1st/

何がいいのかというと、上記アドオンをインストールした後、指定したサイトを登録しておくと、IEの機能を拝借してFireFoxでページを表示できる点です。
つまり、IEと同じ見た目で表示されるということですね。

自分の環境では
FireFox Ver 2.0.0.14
IE TAB Ver 1.3.3.20070528

の組合せでバッチリ表示できました。