Picasa を Windows Server 2008にインストール

Picasa を Windows Server 2008にインストールするときに

「アプリケーションをインストール、および更新する権限がありません」

と表示されて、インストールできないときの対処方法です。

1.Administrator 権限のユーザーでログインしてから、スタート > 管理ツール > サーバーマネージャ をクリックします。

2.左のリストから「機能」を選択し、「機能の追加」リンクをクリックします。

3.機能の選択にて、「デスクトップエクスペリエンス」にチェックをしてから「インストール」をクリックします。

4.インストール完了後、再起動します。

ちなみに、「デスクトップエクスペリエンス」がインストールされていないと、Windows Media Player または DirectX を必要とするプログラムも動作しないとのことです。

一瞬ドキッ!

お客さんの会社のPCをセッティング中に再起動かけたら

NTLDR is missing エラーがでてWindowsが起動しなくなりました。

やっちまったか~と思い、ケースの蓋を開けると2個のディスク(SATA/IDE)。

手始めにケーブルを繋ぎ直したりしてもダメ。

いよいよ、本格的にハードディスクを外してチェックしようかと思い

SATAの方のHDDのケーブルを外して、起動すると同じエラー。

次にIDEの方のHDDのケーブルを外して、起動すると正常に起動。

BIOSで起動ディスクの設定が狂ったようで、設定し直したら通常起動しました。

やはり、慌てずに手順をおってチェックしないとダメだなぁと改めて思いました。

アドレス帳が開けない

■トラブル事例:
oeのアドレス帳がエラーのため開かない。メールの送信もできない。
メールの受信はできるが、クリックしてもメールが開けない(プレビューは可能)

■対処:
最初にchkdskでディスクのチェックをしたが異常なし。
次にアドレス帳のファイルの書込属性のチェックをしたが異常なし。
outlookの初期設定をしてから立ち上げたが改善せず。
アドレス帳のプログラムの不具合かと思い、別アカウントにてログイン後、開くと正常にアドレス帳が開けた。
アドレス帳のファイルが破損しているのではと思い、たまたま残っていたバックアップファイルにて上書きしたら、上記トラブル現象が全て解決しました。

IE専用サイト対策のFireFoxアドオン

自分が所属している愛知中小企業家同友会には会員専用サイトがあるのですが、IEでは表示できて、FireFoxなど他のブラウザではレイアウトが崩れたり、ポップアップのが表示できないなど、ASP.NETの一部機能が使えない問題があります。

そこでFireFoxユーザーにお勧めのアドオンが、IE Tabです。
詳しくはこちらのサイトでも紹介されいるのですが

http://www.nikkeibp.co.jp/style/biz/abc/seeker/070516_1st/

何がいいのかというと、上記アドオンをインストールした後、指定したサイトを登録しておくと、IEの機能を拝借してFireFoxでページを表示できる点です。
つまり、IEと同じ見た目で表示されるということですね。

自分の環境では
FireFox Ver 2.0.0.14
IE TAB Ver 1.3.3.20070528

の組合せでバッチリ表示できました。